別居からの復縁は可能か

別居 別居状態の夫婦が復縁するには、互いがおかれている状況を確認しあうことが大切です。

どちらかが家を出てしまうというのは、いわゆる離婚危機だと言うこともできます。 しかし、実際にもとの鞘に戻るといったケースも少なくないのです。

そこには、離れて暮らしてみたことで、自分と相手のことを冷静になって見ることができたという理由があったり、 子供の存在が大きかったという理由などがあります。

また、パートナーの存在の大きさを知る良い機会になったという人もいるでしょう。

少しずつ状況改善することで修復可能

まずは、別居状態になって離婚危機にまで陥ってしまった原因を探ることが重要になります。

どちらかの浮気や、多額の借金といったものが原因の場合は、復縁というのが難しい状況にあると考えていいでしょう。

ただし、その状況を改善することが、相手との関係修復の第1歩になることには間違いないのです。

借金があるならばそれを返済するなり、完済までの見通しを立てることが重要ですし、
浮気をしていたならばその関係を清算するのが絶対条件だと言えます。

また、別居状態からの復縁には、離れて暮らしているからこその利点があることを知っておきましょう。

家庭内で没交渉となってしまった、言わば仮面夫婦のような状況よりも、まだ連絡を取り合える状態にあると言えます。

もちろん離婚危機には変わりありませんが、それを冷却期間だととらえることもできるはずです。

性格の不一致が原因ならば、その溝を埋めていくために自分を変えたり、 相手の考え方や習慣を尊重していく努力をするようにしましょう。



スポンサード リンク

このページの先頭へ