効果的なメールの送り方

携帯でメールを打つ 別れてしまった恋人に復縁メールを送るには、いくつかのポイントを押さえて書いたほうが効果があります。

もちろん、ストレートに気持ちを伝えるという人もいるかもしれませんが、それにはタイミングや順序というものがあるのです。

焦って送信して、相手からの返信なしではさらにショックが重なってしまいます。 まずは、軽い内容のものを送って様子を見ることも大切なのです。

もちろん、ある程度の冷却期間をおいてからのほうがいいでしょう。

そして、最初の復縁メールの内容としては、相手が返信しやすいもの、つい返信してしまうものにすることが、 交互のやりとりができる関係修復に役に立つのです。

ですから、あくまで友達風のものにとどめておくのがいいでしょう。
たとえばサッカーが好きだった相手ならば、日本代表の試合に合わせて話題をふってみるのもいいでしょう。

あるいは映画好きならば、最近観たものの感想などを聞いてみるのもいいでしょう。 観ていなければ自分の感想を返信できます。

質問形式のメールを書いておく

ほかにも、関係修復のための復縁メールでは、必ず質問を書いておくことで、 自然と返信を促すことができるテクニックも知っておきましょう。

一方的な内容だと、相手も受けるだけで放っておかれるかもしれません。

けれども、なにかしらクエスチョンマークで終わる質問文があることで、 それに対する答えが返ってくることが期待できるのです。 1回でも多くメールのやりとりができるわけですね。

そこで答えてもらえないようならば、冷却期間が足りないか、すでに脈なしになっている可能性があります。



スポンサード リンク

このページの先頭へ