共通の友人を使うと復縁はラク?

彼となんとかして復縁をしようと思っていても、「どうやって連絡を取ればいいのかわからない」と悩んでいる人も多いはず。 そんなときは彼とあなたの共通の友人・知人を介して連絡を取るという方法があります。

ただこのアドバイスをすると、「私にはそんな友達なんていないよ」という方がいます。 そのような方は、自分の中で「共通の友人はいない」と思い込んでしまっているケースもみられます。 ですので、まずは探すことからはじめてみてはいかがでしょうか。

同じ職場で働いていたのであれば、共通の友人が見つかる可能性はグッと高まります。 社内恋愛がバレると思ってなかなか踏み出せない場合もありますが、そこは勇気を振り絞って行動してみましょう。

誰にも頼らずに自分だけで解決したいという人ほど、何事もうまくいかないものです。 日頃からさまざまな人とコミュニケーションをとっておくことも大切ですね。

本当に友人がいない場合は?

では、インターネットで知り合った男女のように、本当に共通の友人と呼べる人がいない場合について考えてみましょう。

このようなケースでは、片方が拒否をしてしまうと、もはや連絡を取る手段がなくなってしまいます。 お互いの自宅を知っていればまだチャンスはありますが、知っていないと二人の関係はそのまま消滅してしまいます。

まだ連絡を取れる手段が残されているのであれば、その状態を維持することがたいせつです。 焦って復縁を迫ろうとすると、相手から拒否されてしまう可能性が高いので、連絡を取る頻度を抑えて、内容も短く簡潔なものを心がけましょう。

相手が受験中や求職中だったりすると、ひんぱんなメールや電話はうざがられてしまいます。 エールをおくるよりも、そのまま放置しておいて時間の経過に任せてしまうほうがよかったりするのです。

相手の気持ちに余裕が出てきた頃合いを見計らって、再び連絡をとってみましょう。 とにかく焦らないことです。



スポンサード リンク

このページの先頭へ