復縁でやってはいけないこと

禁止 復縁をしたいという人がやってはいけないことの多くは、焦りが原因でしてしまうものが多いと言えます。

たとえば、とにかく強引に会おうとすることなどです。

会えばわかる、会えば気持ちが伝わるというのは、本人にとっては理解できる理由でも、 相手にとっては迷惑なだけのことも多くあるのです。

ですから、別れてすぐに会おうとするのはNGだと考えてください。 互いに冷却期間が必要なのです。

それは相手の気持ちが落ち着く期間であり、自分が冷静になる期間でもあるのです。

そして、何度も電話をかけたり、メールを送ったりするのもNGです。 それだけでも相手の警戒心をあおりますし、回数が多いほど気持ち悪がられることになるのだと理解しましょう。

どうしても別れた恋人の様子が気になると、連絡は我慢しても、相手の姿を直接見に行くという人もいるかもしれません。

けれども隠れてやっていても、それがばれたときには取り繕うことはできなくなりますし、 相手の家族や近所の人が気がついて通報されるという危険もあるのでやめるべきです。

怒らずに相手の言い分にも耳を傾ける

ほかにも、復縁を希望している人がやってはいけないこととして、せっかく直接話をする機会ができたのに、 またケンカをしてしまうこともあげられます。

相手にも言い分があるのですから、悪く言われてもそれを甘んじて受ける度量も必要になります。

そこで頭に血が上って言い返してしまうと、せっかくそこまで準備してきた努力が水の泡になってしまいます。

同様に、もう1度付き合いたいの一点張りでは効果はありません。過去の自分とは違う点、成長した点をアピールしましょう。



スポンサード リンク

このページの先頭へ