ついやってしまう失敗例とは

カップル どうしても別れた恋人と復縁したいと考えている人は、とにかく藁をも掴む気持ちでいるかもしれません。

けれども、あの手この手とやってみても、効果がないものを延々と繰り返していたのでは意味がありません。

とくに女性の場合、占いやまじないといったものばかりに頼るのはよしたほうがいいでしょう。

前向きになれるのであればかまいませんが、あとは吉報を待つだけという受身の状態になってしまうのを避けたいからです。

おまじないばかりをしている暇があったら、自分の悪いところを直す努力もすべきだと言えるでしょう。

反社会的な行為は絶対にダメ!

また、復縁を希望している人が陥りやすい失敗例として、誰かを相手に嘆くばかりというケースもあります。

友人にグチを聞いてもらうだけでは、結局はなんの解決にもならないことが多いですし、 たいていお酒が絡んでくるので余計にタチが悪いと言えるでしょう。 自分から行動しなければなにも始まらないことに気がつくべきです。

それが自分磨きという方法になる人もいますが、そればっかりをしていても相手は振り向いてくれません。

なぜなら、連絡をとっていなければ、自分磨きをしていることを相手は知りようがないからです。
それでは無駄な努力になってしまうということです。

ほかにも、復縁を迫ってひたすら相手と連絡をとろうとするのもNGです。

電話を何回もかけたり、メールを際限なく送りつけたり、果ては自宅まで押しかけたりとなると、 それはもうストーカーです。

自分ではヨリを戻したいだけなのだという正当性があると言っても、社会的にみれば犯罪行為になってしまうのです。

以上のような行動は、復縁に成功するばかりかますますその可能性を閉ざしてしまいます。 気をつけましょう。



スポンサード リンク

このページの先頭へ