スポンサード リンク


子どものことを一番に考える

子ども このカテゴリでは、離婚に伴う子どもの問題について詳しく解説しています。

夫婦の間に子どもがいなければ問題は発生しませんが、 すでに結婚から何年も経っている場合、子どもがいることも多いでしょう。

当事者である夫婦以上に子どものことを大切にして離婚を考えなくてはなりません。

両親が離婚しても、子どもが健やかに成長できる環境は整えてあげてください。

どのような問題があるのか

子どもに関する問題とは、具体的には親権者(監護権)、面接交渉権、養育費があげられます。

親権者については、離婚届に記載欄があるので、あらかじめ決めておかないと受理されません。 よく親権者を決めるときにトラブルになりますが、親の都合だけを考えるのではなく、 子どもの幸せを実現できるように冷静になって話し合うことが大切です。

面接交渉権とは、離婚後に子どもを引き取らなかったほうの親が、 離れて暮らす子どもと面会する権利です。 離婚前に面接の頻度や時間、方法などを具体的に決めておきましょう。

そして、お金の問題ともなるのが養育費です。 子どもが自立するまでの間、別居している収入が多い方の親は養育費を支払う必要があります。 養育費の支払いについてもよくトラブルになりやすいといえます。

子どもについては、これらひとつひとつの問題を解決していかなければなりません。

スポンサード リンク