スポンサード リンク


戸籍とはどのようなものか

イメージ画像 離婚に関する問題といえば、慰謝料や養育費、親権、財産分与などばかりに注目されますが、 戸籍と姓についての問題も知っておかなければなりません。

とくに妻の場合(夫が筆頭者の場合)、離婚で戸籍を抜けることになるので、 新しい戸籍をつくるか、結婚前の戸籍に戻るという選択をしなければなりません。

戸籍についてはよくわからない、という方も多いと思われますのでここで整理しておきましょう。

まず戸籍とは、人の身分関係に関する情報を記載した公文書のことです。 夫婦と未婚の子どもを合わせて1つの単位としています。

独身時代には、それぞれの父を筆頭者とする戸籍に入っています。

そして、子どもが結婚することになった場合、新たに夫を筆頭者とする戸籍をつくることになるわけです。 夫婦の間に生まれた子どもも、当然この戸籍に入ることになります。

子どもの戸籍と姓について

両親が離婚しても、子どもの戸籍と姓は変わりません。 母親が親権者となって子どもを引き取っても、子どもは父親の戸籍に入ったままになっています。

もし自分と子どもの戸籍や姓を同じにしたい場合は、家庭裁判所を通じた法律的な手続きが必要になってきます。

ここではそのような手続きの仕方についても解説しているので参考にして下さい。

スポンサード リンク