スポンサード リンク


お金の問題は離婚より深刻?

お金の問題 このカテゴリでは、離婚に伴うお金の問題について詳しく解説しています。

お金の問題とは、具体的には離婚までの婚姻費用、慰謝料、 財産分与、養育費などのことです。
(なお、養育費はお金の問題ですが、子どもの問題とも深く関わってきますので、そちらのほうで解説しています。)

夫婦関係がすでに破たんしている場合は、離婚の話し合い自体はすぐに決着が付くことが多いようです。

しかし、お金の問題については、なかなか結論を出せないケースも少なくありません。

また、離婚後にお金の問題を解決しようと思っても、後からでは相手が応じてくれないケースもあります。 そもそも、離婚後には相手と連絡が取れなくなるという事態もあります。

そのため、できるだけ離婚前、あるいは離婚と同時に解決するように努めなければなりません。

残された女性に重くのしかかる負担

日本の現状では、結婚や出産を機に仕事を辞めてしまう女性が多くいます。 結婚する前からもともと職業をもっていない女性もいることでしょう。

このような女性が離婚をしてしまうと、夫から入ってくる収入が0になるわけですから、 厳しい生活を強いられることは避けられません。

さらに、夫婦に未成年の子どもがいる場合、多くは母親が引き取ることになるため、
再就職も難しくなるでしょう。

一方で、離婚しようとする女性のなかには、多額の慰謝料や毎月の養育費がもらえるので、 そのような心配はないと考えている人もいます。

しかし、そのようなものは幻想です。 一般サラリーマン家庭における慰謝料の相場は100~300万円ほどです。 芸能人の離婚のように、1000万円以上の高額となるケースは非常にまれです。

養育費についても、多くで月額5万円程度です。これではとても余裕のある子育てはできません。

このように、離婚すると経済的な生活力のない女性は、どうしても重い負担がのしかかってきます。 そのため、離婚をする際は、元夫からの給付金に頼らないで生活していけるだけの経済力をつけていくことも大切です。

スポンサード リンク