生活保護と住居に関するQ&A

MENU

スポンサード リンク


住居に関するQ&A記事一覧

単なる騒音のみでは転居費用は出ません。病気療養上必要であると認められる場合は、敷金・礼金等は支給される場合があります。生活保護を受けている方で、「今住んでいる所の騒音がひどいので、引っ越しをしたいから転居費用をもらいたい」という場合ですが、生活保護受給者でも、引っ越しすること自体は自由です。引っ越しの際は福祉事務所に申し出ます。問題は、引っ越しのための費用が生活保護から支給されるかどうかですが、単...

6ヶ月以内の入院であれば、家賃は出ます。病気やケガで長期間入院することになった場合、住んでいるアパートはそのままですから、家賃はずっとかかり続けます。「使っていないから、入院の間は家賃だけ止めておいて」ということはできません。それでは、この場合の家賃は生活保護から支給されるのでしょうか?結論から言えば、医師が、入院の当初に、6ヶ月以内に退院できると判断すれば、入院後6ヶ月を限度として、住宅費が出ま...

やむを得ない事情があれば、家財保管料が出ます。長期入院することになると、部屋には家具家電、洋服などが残されたままなので、どこかに保管しておく費用が発生します。生活保護では、単身の保護受給者でやむを得ない事情により、家財を自宅以外の場所に保管してもらう必要があり、かつそのための経費を他の援助等で賄うことができないときは、入院後1年間を限度として、月額1万3000円以内で家財保管料が支給されます。ただ...

生活に支障が出るようであれば、転居費用が支給される可能性があります。福祉事務所が転居に際し敷金等を支給する場合の1つとして、「老朽又は破損により居住にたえない状態になったと認められる場合」があります。したがって、生活に支障がある実態をしっかり説明すれば、転居費用が認められる可能性があります。ただし、実際にはケースワーカーとの交渉で難色を示されることが多いようです。「家主さんに転居費用を出してもらっ...

各自治体により、募集条件や時期、申込方法は異なります。ただし、家賃が安いため競争が激しく、入居は狭き門となっているところがほとんどです。現在支払われている家賃又は間代よりも低額な住居に転居する場合、引っ越しにかかる費用は福祉事務所が出してくれる場合があります。低家賃住宅といえば市営・公営住宅がありますので、それらを探すとよいでしょう。募集は、新聞や自治体の広報紙に掲載されているので、日頃からチェッ...

言われるがまま退去してしまうと、再起も難しくなります。まずは弁護士会などの無料法律相談を利用しましょう。金銭管理が苦手な人は、代理納付制度などが用意されています。生活保護受給者のなかには、金銭管理が不得手で、自分で家賃を支払うことが難しい人がいます。そのような人のために、福祉事務所に家賃を納付してもらう代理納付制度があるので、必要であれば申請しましょう。ただ、家賃を滞納していると、大家さんや不動産...

炊事道具や家具がまったくなければ、購入費用が支給されます。ただし、いくつかの条件があり、冷蔵庫や電子レンジ等は基本的に認められません。生活保護の受給を開始したばかりの場合などで、炊事用具、食器などの家具什器(じゅうき)が全くないというときは、その必要性が認められれば、合計2万5300円以内で購入費用が出ます。ただし、次の条件に当てはまらなければなりません。支給の条件保護開始時において、最低生活に直...

最低限度の生活にふさわしい程度であれば、住宅維持費から修理費用が出ます。網戸がないので設置したい、トイレが壊れた、浴槽が壊れて使えない、などで日常生活に困る場合、最低限度の生活にふさわしい程度であれば、住宅維持費から年額11万7000円まで支給されます。ただし、賃貸の場合は、風呂の修理費などは大家負担となっていることが多いので、このときは修理費用は出ません。賃貸借契約で借主が負担することになってい...

無料低額宿泊所を一時的に利用している場合、居宅生活ができると認められれば、転居することができます。その際の敷金等の費用も支給されます。無料低額宿泊所等に入居している方が、環境劣悪なので転居を希望したいという場合、ケースワーカーは積極的な支援をするべきです。その際、敷金等の費用や引っ越し代なども、要望があれば支給されます。福祉事務所の検討会では、住環境の問題、宿泊所での支援内容、居宅生活の可能性など...

布団が全くなければ支給されますが、いくつかの条件があります。布団がまったくないという場合、生活保護では被服費として、新規購入は1万7200円以内、再生(修理や打ち直し)によって使用することができる場合は1万1900円以内まで出ます。ただし条件があり、保護開始時及び長期入院・入所後に退院・退所した場合で、現に使用する布団が全くないか又は全く使用に堪えなくなり代替の物がないと判断された場合に限ります。...